メニュー
さぁ、歩みだそう。

該当する記事はありませんでした。

あなたにとって大切な不動産。
どうせ手放さなければならないならば、できるだけ高値で売りたいですよね。

高額売却の最大のコツは、なんと言っても優秀な営業マンとの出会いですね。
誠実で経験豊富な営業マンのおかげで売値に数百万もの差が出ることも。

不動産という高額なものだからこそ、発生するこの金額の差は見逃せません。

優秀な営業マンに出会うためには、複数の会社にマンションの査定を依頼することです。

というわけで、便利なのが不動産の一括査定サイトですね。
1度入力するだけで複数社の査定結果が届くことになります。

机上査定の結果はあいまいな部分も多いですから、そのやり取りの中で好感をもった営業マンに訪問査定してもらい、あなたのマンションをきちんと見てもらいましょう。

マンションを売却の流れ

  1. 不動産の一括査定サイトであなたのマンションについて入力する。
  2. 複数社から査定結果が届く。
  3. その中から訪問査定を依頼する。
  4. 営業マンの対応や査定金額などを総合的に判断し、媒介契約を結ぶ。
  5. 内覧
  6. 売買契約
  7. マンションを明け渡す。

マンションを売るまでは上のようなステップを踏みます。

では、それぞれをを詳しく見ていきます。

不動産の一括査定サイトであなたのマンションについて入力する。

ファーストステップはこれ。

まずはあなたのマンションの情報を不動産一括査定サイトに入力しましょう。
入力といってもそれほど手間はかかりません。
たった60秒ほどで完了します。

ちなみに、わたしは「イエウール」というサイトを使いました。

その中から訪問査定を依頼する。

複数社から査定結果が届きます。
その結果を見比べてみましょう。

ですが、それはあくまで机上査定。
実際にあなたのマンションをチェックしたわけではないですよね。

より正確な数字を出すためには、訪問査定は必須といえるでしょう。

その中から、いくつかの会社に訪問査定に来てもらいましょう。

営業マンの対応や査定金額などを総合的に判断し、媒介契約を結ぶ。

訪問査定で実際に営業マンとやり取りをし、どんな印象をもったでしょうか?

査定金額が営業マンの対応や身だしなみの清潔感、あなたとの相性などを考慮し、媒介契約を結ぶ会社を決定しましょう。

媒介契約は3つありますが、長くなりますのでここでの説明は省きます。
詳しくは以下の記事をチェックしてみてくださいね。

内覧

とても重要なステップです。

内覧の印象により、見込み客があなたのマンションを買うかどうか決めます。

できるだけ好印象を与えるように心がけましょう。

ただ注意したい点は、「売り込み厳禁」ということです。
強烈な売り込みは相手を引かせます。

相手が質問してきたことに丁寧に答え、更に実際にマンションに住んでいるあなただからこそ分かる情報なんかも軽く付け加える程度で十分です。

内覧のときは営業マンも一緒にいてくれるので、あまり緊張したりせず、ゆったりとした気持ちで臨みましょう。

売買契約

おめでとうございます。
ついにあなたのマンションが売れました!

ということで売買契約に移ります。

こちらも初めての方が多く分からないこともあると思いますが、そこは遠慮せず担当の営業マンに聞いてください。

必要な書類を揃え、売買契約に臨みます。

準備する書類

  • 本人確認書類(免許証など)
  • 実印
  • 印鑑証明書(過去3ヶ月以内に取得したもの)
  • 登記済証、もしくは登記識別情報通知書
  • 固定資産税納税通知書
  • 仲介手数料の半額分のお金(残りはマンションを明け渡すときに払います。)
  • 収入印紙代

一般的に用意すべき書類を挙げてみました。
場合によっては他にも必要な書類があるので、担当の営業マンに確認してみましょう。

マンションを明け渡す。

いよいよ最後のステップです。
マンションを買い主に渡すときがきました。

不動産会社の営業担当者に仲介手数料の半金を払います。

もちろん必須ではありませんが、買い主さんのためにちょとしたプレゼント(トイレットペーパーなどの消耗品)を用意しておくと喜んでもらえるでしょうね。

マンションを高く売る5つのコツ

マンションを購入するときローンを組んでいる人も多いですよね。
その残債は売却資金で一括返済したいでしょうし、それに加えてプラスαなんてことになれば、どれだけうれしいでしょう!

というわけで、マンションをできるだけ高値で売却する5つのコツをご紹介します。

  1. 複数の会社に査定を依頼する。
  2. 信頼できる会社(営業マン)と媒介契約を交わす。
  3. マンションの売却理由を明確に定め、逆算しながら動いていく。
  4. ピカピカに掃除をする。
  5. 内覧は絶対に断らない。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

複数の会社に査定を依頼する。

これはマストと言えます。
1社だけに査定してもらっても、内容を比較できませんからね。

複数の査定結果を比べることで、あなたのマンションのだいたいの相場がつかめるはずです。

信頼できる会社(営業マン)と媒介契約を交わす。

わたしが高値売却成功のために最も大切だと思っているのがコレ。
信頼できるパートナーと媒介契約を交わすことで、その後の売却活動がスムーズに進みます。

清潔感のある身だしなみと誠実な対応、豊かな経験、あなたとの相性などを総合的に判断して、媒介契約を結ぶ会社を決定しましょう。

マンションの売却理由を明確に定め、逆算しながら動いていく。

あなたがマンションを売却する理由は何ですか?

転勤、親の介護、子どもの学区の関係、家を建てることにした、ローンの支払いがキツイ…など理由はさまざまだと思います。

不動産は1日や2日で売れるものではありません。
平均して3ヶ月程度、運が悪ければ1年などある程度の時間がかかります。

だからこそ、マンションを売る理由を明確にし、早め早めに動いていくことが大切です。

ピカピカに掃除をする。

徹底的に掃除をしておくことは大切です。
特に内覧期間中はピカピカにしておくこと。

特に目につきやすい、玄関、水回り(トイレ、キッチン、お風呂)、ベランダなどは念入りに掃除してください。

どうしても自力でキレイにするのはムリ…という場合はその部分だけハウスクリーニングを依頼するのも手です。

いくら1度は他人が住んだ中古マンションとはいえ、買い手としてはできるだけキレイな物件がほしいもの。

ハウスクリーニング代をケチるよりも結果的には得することも。

ずっと売れ残ってしまったら、固定資産税や毎月の管理費などは支払い続けなければいけませんからね。

また、物は少ない方が良いです。
その分、部屋が広く見えますからね。

なので、この際いらないものは捨てましょう。
徹底的に断捨離です。

大切な服や本、子どものおもちゃなど、どうしても捨てられないものは車の中に詰め込んでおくとか、実家に送る、売り出し期間中だけ

内覧は絶対に断らない。

これも重要です。
内覧は絶対に断らないでください。

部屋の中も見ずに、人生で1番ともいえる大きな買い物をする人はいません。

内覧を断るということは、それだけ売れるチャンスをみすみす逃しているということになります。

内覧が多いのはやはり土日になります。
マンションの売り出し期間中は、お出掛けは控えて内覧の対応に専念しましょう。

それと見せられない部屋がないように。
たまにいるのですが、「ここは年頃の娘の部屋なので見せられません。」なんて言う人がいます。
これはNG。

逆の立場になって考えてみてください。
あなただったら全ての部屋をチェックせずに、そのマンションを購入するでしょうか?

それとどれくらい収納スペースがあるのかを気にされる方も多くいます。
クローゼットを開けられても困らないように整理しておきましょう。

【まとめ】マンション高値売却成功のポイントは不動産会社(営業マン)選びにかかっている。

経験豊富で信頼できるパートナー(営業担当者)をいかに見つけられるかが、高値売却できるかどうかのポイントと言ってよいでしょう。

いくら誰もが名前を知っているような大手の不動産会社だからといって、営業マンが優秀とは限りません。
意外と地元に密着したところが良い場合だって大いにあります。

なので、実際に営業マンに訪問査定してもらって、あなたの目でしっかりとその人柄や能力を見極めながら、査定金額の根拠もしっかり納得できるよう話してくれるような人がいる会社と媒介契約を結びましょう。

そして、営業担当者と綿密に連絡を取り合い、マンションの高値売却を成功させてください。

あなたのマンションが早期に高く売れることをお祈りしています。

 

ページトップへ